“日本一の和牛”決定! 内閣総理大臣賞は大分県と宮崎県代表

今月7日から宮城県仙台市で開かれていた、日本一の和牛を決める「全国和牛能力共進会」が11日閉幕しました。

「全国和牛能力共進会」は、和牛の発育状況や体形を競い、日本一の和牛を決める品評会で、5年に1度開催されることから、
「和牛のオリンピック」とも呼ばれています。

2020年に東京オリンピックを迎える際に、「日本一の和牛」を名乗れるということもあり、
今年は39の道府県から過去最多の513頭が出場しました。
最終日の11日、最高賞に当たる「内閣総理大臣賞」が発表され、
毛並みの良さを評価する「種牛の部」に大分県代表
肉質を比較する「肉牛の部」は宮崎県代表が選ばれました。

参加39道府県
各審査区分で獲得した点数に基づく総合順位

1位:鹿児島県
2位:宮崎県
3位:大分県

今年は4つの部門で1位を獲得した鹿児島県が総合優勝!
前回史上初となる二連覇を達成した「宮崎牛」は、今大会では惜しくも3連覇は逃しましたが、2位と健闘しました。
2007年に鳥取県で行われた前々回大会に続き2012年の前回大会(長崎県)でも見事日本一に輝いた宮崎県ですが、前回大会での日本一は、2010年に発生した「口蹄疫」で約30万頭もの家畜を失うという大打撃を受けた直後の大会ということもあり、広く県民にとって宮崎県経済の再生復興の象徴となっており、今年も優勝が期待されていました。
総合順位では1位〜3位までを九州勢が独占する結果に。
期間中の入場者は41万7千人(主催者発表)となり、大盛り上がりの大会となりました。

次回は5年後の2022年、鹿児島県で開催。おいしい和牛を食べられるのも生産者の皆さんの努力のおかげ。
今年総合1位の鹿児島での開催ということで、更に盛り上がりそうですね。

第11回全国和牛能力共進会公式サイト
http://www.zenkyo-miyagi.com

 

ニッポンの贈りものTwitterから人気コラムやおすすめ記事情報をお届けします!

この記事が気に入ったら

Related post

  1. 母の日に贈りたい、お母さんのタイプ別オススメプレゼント!

  2. 秘書がゆく!vol.1 ~贈りもの選び~ イケてるIT企業社長編

  3. 秘書がゆく!vol.2 ~手土産を渡すタイミングって?~

  4. カープファンやラーメン好きに!カープ選手が訪れる宮崎の名店「直ちゃんラーメン」の豚骨ラーメンが旨い

  5. 信じ続けて実現!完全無農薬りんごを使った皇室献上品のりんごジュース「神々の林檎」

  6. 千葉県銚子市に行くならココ! 名産品3選とおすすめスポットレポート!

  7. 【旅先からの贈りもの】秩父のお土産5選②

  8. 【旬を食べよう!】冬のフルーツ、宮崎県のきんかん 

  9. フラワーアレンジメントの進化版、旬の野菜を使ったベジアレンジメントが登場!

人気記事

おすすめ記事





PAGE TOP