【旅先からの贈りもの】九州の小京都  宮崎県日南市の銘菓 飫肥せんべい

旅に出たら、その土地を巡り、食事をゆったりと味わい、
大切な人へのおみやげだって選ぶ楽しみを味わいたいもの。
今回は旅先のおみやげに選びたい宮崎県日南市飫肥の銘菓「飫肥せんべい」をご紹介します。

飫肥(おび)ってどんなところ?

宮崎県日南市飫肥(おび)は九州の小京都と呼ばれる歴史ある城下町。
漆喰の塀で彩られた風情のある街並みや、和風の建物と、洋風の建物が混在した独特な雰囲気が素敵な街です。古くから残る石垣は苔むし、水路には色鮮やかな鯉が泳いでいて、その色彩のコントラストは散策する人たちの目を楽しませてくれます。
街並みは1977年に九州では初めて「重要伝統的建造物群保存地区」として選定され、この地区に入ったとたんタイムスリップをしたよう。
飫肥城跡では、飫肥城下町保存会によって伝統的な泰平踊公演なども催されており、観光地としても人気の土地。
そんな飫肥に訪れたらおみやげ選びに立ち寄りたいのが、創業60年、伝統の味を守る飫肥せんべいのお店です。

飫肥せんべいはどうやってできたの?

飫肥せんべいのルーツは古く、1887(明治20)年、明治政府の改⾰で廃藩置県が執政され、⼤名領である藩を全廃。地⽅⾏政制度を⼀変させました。藩兵・旧武⼠団の解体で職を失った旧飫肥藩の武⼠たちのために、せんべいづくりの職業講習が開かれ、数名の武⼠が技術を⾝につけ、広まっていったと⾔われています。
飫肥せんべいは伝統の技術を独学で学び、改良を加えることで独⾃の製法を編み出すことに成功。
その製法をもとに、1954(昭和29)年、銘菓飫肥せんべいを開業しました。

飫肥せんべいは今も昔も1枚1枚手作りで作られています。
朝はやくからの餅つきから始まり、ついたもち粉を専用の型で焼いていきます。
焼いた生地は最中の皮のようにサクッとしたあと、フワっと口の中でとけるのが特長。


そのサクフワなせんべいに日南産の黒砂糖を使った砂糖蜜を塗って重ね合わせたら無添加のやさしいおやつのできあがり。
開業以来の半世紀以上ものあいだ、その製法と味・⾷感を変えること無く伝統を守り続け、地元⽇南地⽅の銘菓として今も親しまれています。

飫肥せんべいから若者に人気の新商品が登場

飫肥せんべいから、今年創業60年目にして初めての新商品としてこの3月に「OBISEN きんかん」が登場しました。
約半年をかけて、地元のきんかんを、無添加にこだわってジャムにし、パッケージも一新、新しい層のお客様に届く工夫をしたそう。
こちらのOBISENはジャムを付けて食べるスタイルなので、自分でお菓子を作っている感覚も楽しめます!
更に7月1日には「OBISEN マンゴー」も登場します!いずれも各月数量限定販売。

飫肥の銘菓をぜひ旅のおみやげに。旅の想い出に新旧を食べ比べてみるのもいいですね。

<今回の贈りものはこちら>

飫肥せんべい 18枚入 1,080円(税込)

ふわっとした食感のせんべいの間に砂糖蜜を塗った定番商品。飽きのこない、優しい味わいです。

 

OBISEN マンゴー 1,300円(税込)

宮崎といえばおなじみのマンゴーを使ったジャムを飫肥せんべいに塗って楽しむOBISENマンゴーパッケージもかわいく、お土産にもオススメです。

飫肥せんべい店舗情報
〒889-2525 宮崎県日南市今町2丁目1番地12
宮崎県日南市飫肥(おび)駅より徒歩約6分

ニッポンの贈りものTwitterから人気コラムやおすすめ記事情報をお届けします!

この記事が気に入ったら

Related post

  1. 太麺と超濃厚なタレが決め手!かいだ食品の伊勢うどん

  2. 母の日に贈りたい、お母さんのタイプ別オススメプレゼント!

  3. カープファンやラーメン好きに!カープ選手が訪れる宮崎の名店「直ちゃんラーメン」の豚骨ラーメンが旨い

  4. 栃木の食材でつくった天然酵母パンで贅沢ブレックファストはいかが?

  5. 【旅先からの贈りもの】秩父のお土産5選①

  6. 関西TV『よ〜いドン!』にうずら卵のピクルス、水なすピクルス和風mix登場!

  7. 未体験のおいしさ!「氷出し緑茶」から始まる『嬉野茶時in 雲海』特別賞味会がすごい!

  8. 【日テレevery.登場】idsumiピクルス新商品!夢の詰まった桂高校コラボ「桂瓜のピクルス」

  9. ニッポンの作り手インタビュー:熱い想いで作り上げた極上ヨーグルト

人気記事

おすすめ記事





PAGE TOP