いまが贈りどき!入学祝いのマナー

日に日に暖かさが増し、春らしさを感じるこの季節。
春といえば、4月に進学を控えた子どもたちへの入学祝いを贈る時期ですね。
一般的に、ちょうど今頃(3月)が、入学祝いを贈るベストシーズンです。
では、どんなものをどうやって贈ればいいのか?

気になる入学式祝いのマナーをご紹介します。

 

いつ贈る?

入学祝いは進学が決定してから〜入学式の2週間くらい前までに贈るのがベストとされています。

受験の発表時期は2月下旬のところが多いですが、二次募集等で時期が見えない場合もあるので要注意。
また、大学進学の際には、合格した学校はあるものの希望ではなく浪人を選択する人もいますので、親御さんにきちんと確認をした方がよいですね。
うっかり入学式を過ぎてから気づいた場合でも、2週間後程度までは贈っても大丈夫。「遅れてごめんね。」の一言を添えて贈りましょう。

 

誰に贈る?

通常入学祝いは「親戚」に対して贈ります。
甥、姪、孫に贈ることが多いですね。
小中学への入学なら5,000円〜10,000円、高校・大学への入学なら、10,000円〜30,000円程度が相場です。また、特別親しい友人のお子さんや、上司、ご近所のお子さんにお祝いを贈る場合もあります。
その際には、現金ではなく、少額(3,000〜5,000円)の文具や、靴などのプレゼントを渡すと喜ばれます。

何を贈る?

入学祝いに贈るものとして、一番多いのは実は「現金」。ですが、小学生であれば、ランドセルや学習机などを気合を入れて贈るおじいちゃん・おばあちゃんが多いですね。最近ではどちらの祖父母からお孫さんにランドセルをもらうか?といった悩みもあるそう。
贈りものがかぶってしまって使えなくては意味がないので、親しい間柄であれば事前に欲しいものを聞いておくのが良さそうです。
また、最近はランドセルにもカラーバリエーションが豊富にありますので、一緒に行って選ぶのも贈る楽しみの1つといえます。

遠くに住んでいる親戚に贈るなら、プレゼントに蝶結びの水引きのついたのしをつけて、「御入学祝」「祝御入学」と記載して贈りましょう。
これまでに自分のお子さんに入学祝いをいただいたことがある場合には、贈るのがベター。逆に、贈るのは「お子さん」に対してなので、親御さんから、「お返し」をする必要はありません。

親戚のお子さんたちの成長は嬉しいもの。素敵な贈りもので、お祝いしてあげてください。

ニッポンの贈りものTwitterから人気コラムやおすすめ記事情報をお届けします!

この記事が気に入ったら

Related post

  1. 秘書がゆく!vol.2 ~手土産を渡すタイミングって?~

  2. いつ贈る? お歳暮のマナー:贈る時期と地域の名産ギフト5選

  3. 秘書がゆく!vol.1 ~贈りもの選び~ イケてるIT企業社長編

  4. 【ニッポンの作り手】米ぬかを使った紅白石けんmoko

  5. 知ってますか?「のし」は紙のことではありません!

  6. 【レシピ】金時にんじんのカリコリポテトサラダ

  7. 老舗3社がコラボ!東京謹製みやげで東京の粋を感じよう

  8. 日本各地うまいもん!北海道編

  9. 今日(8/14)は特許の日!あると便利な特許グッズ

人気記事

おすすめ記事





PAGE TOP